<< カメラ。 本音と建前。 >>
疲れた。
 やっと家が決まった。

 土曜日の午前に嫁と義母と一緒に水原のほうに行って家を見て回ったのだが、やはりいろいろ大変だった。

 僕は既にどこのアパートにするかは決めていて、そのアパートの中のどの物件にするか決めるつもりだった。しかし義母は新築物件は体によくないだとか、2年ぐらい経った部屋のほうが住みやすいだとか言って、どうしても別の物件も見ると言ってきかない。それで仕方なく別の物件も見たのだが、それが命取りとなってしまった。

 午前中に余計なことをしたせいで、何度もあと5分というところで希望物件を逃してしまった。金額的には同じような条件で、見るのは窓から見える景色ぐらいなのだが、嫁が景色にこだわったのもいい物権を逃す原因となった。

 僕は引越しの期日まであと二週間しかないのに、現在人が入っている物件は難しい。だから新築一本に絞って探すべきだと主張したのだが、人が住んでいるのを見るのも見聞を広めるとか社会経験だとか言って、結局ごり押しされた。それで二時間近くロスして、いい物件を二つくらい逃してしまった。

 かと言って「自分が余計なことを言ってしまった」という反省は一切しない。それが不思議でしょうがない。過ぎたことをいつまでもくどくど言っているのに、自分のことは顧みない。歴史問題などでもよく指摘されることだが、やはり個人の思考もそれに近いのだろう。

 だが、それでもなんとか次の引越し先が決まった。最高の部屋は逃してしまったけど、それでも自分のようなものが住むのは不相応なくらい立派な部屋だ。韓国に来て12年、初めて年相応の部屋に住むことができる。
[PR]
by koreauniv | 2009-01-12 01:31 | 日記
<< カメラ。 本音と建前。 >>